玉緒地区の夏祭り  【'16/7/30】

 今年も、玉緒地区夏祭りが開催されました。
昭和40年代、夏になると江州音頭が行われ、私達青年団メンバー
(今はなくなりなしたが・・)は、あっちの町、こっちの町と毎晩踊りに
行ったものです。
その後、高度成長期に入ると会社勤めする人が多くなり、自由な
時間が少なくなり、娯楽も増え個人々が楽しむ社会へと変化していき
、すっかり夏の風物詩はなくなってしまいました。

時が流れ、私達60~70歳台は、自由な時間が増えて昔の江州音頭を
やろうと云う声が上がってきました。数年前からまちづくり協議会を主体
して、玉緒地区夏祭りを行っています。毎年、参加する住民が増え、今
年はなんと500人余りと盛大でした。

30日(土)、朝から玉緒小学校のグランドを借り、祭りのメイン「江州音頭」
やぐら台や各種団体のバザー模擬店テントを設置しました。
午後3時を過ぎると、模擬店の準備に各種団体の役員が集まってきました。
私達「まちづくり委員会」は、フランクフルトとポップコーンを販売します。
炭焼きコンロ・鉄板やポップコーン器を設置し、フランクフルトを焼いたり、
ポップコーンを作り始め4時半には準備万端です。

【音頭やぐら台の準備】
やぐら台に紅白の幕を張り、四方に提灯をぶら下げました。

画像


【ポップコーンの販売①】
5時になるとお客さんが集まり、フランクフルトやポップコーンを買っていきます。
画像


【ポップコーン販売②】
画像


【民児協のカキ氷販売】
隣では、民児協のメンバーがカキ氷を販売しています。やっぱり、暑いので
飛ぶように売れていきます。
「はい。出来たよ。」
画像


【滋賀学園チアリーディングの演技を見る参加者】
6時になると夏祭りの開始です。オープニングを飾るのは「滋賀学園チアリー
ディング」50人の演技です。
残念ながら、写真では可愛い演技をお見せすることができませんので
ご了承ください。

画像


【江州音頭の音頭取りさん達】
空が段々と暗くなり、江州音頭に合わせて踊りが始まりました。
画像


【江州音頭の踊り手】
さすが、昔取った杵柄ですね。きれいな踊りです。 
画像


【江州音頭を踊る小学生】
浴衣を来た小学生も踊りの輪に加わります。
郷土の江州音頭を伝えてくださいね。
こうして8時まで踊りは続きました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック