第5回お伊勢参りウオーキング(松坂~外宮) 【'14/11/26】

11月26日、「お伊勢参りウオーキング」に行ってきました。
6月に東近江市芝原町を出発し、御代参街道、東海道、伊勢別街道、
伊勢街道を歩いて今日は伊勢に到着します。
参加者は10名です。
10月は松阪まで歩いたので、今日は松阪駅がスタートです。芝原会
館をいつもより早く、6時半にワゴン車で出発しました。
あいにく昨夜から雨が降っており、歩くにはあまり良くないコンディショ
ンです。
9時過ぎに松阪駅に着きました。

【松阪~伊勢市外宮までのウオーキング地図 GPS計測】
画像


雨は小降りになってきましたが、上がりそうにありません。
駅を背景にして記念写真を撮りました。  「ハイ チーズ」 

【松阪駅前】
画像


さあ、出発です。
松阪の旧伊勢街道は、日野町交差点からです。この交差点に「左参
宮道」の道標
があります。
又、雨が降ってきました。傘をさして歩きます。

【松阪市日野町の道標】
画像


旧伊勢街道を南東に向かって歩きます。途中、歩道に銀杏の葉が積
もっています。絨毯を敷いたようですが、雨で濡れているので残念。

【歩道の銀杏】
画像


下村町、極門橋の南たもとに文政12年(1829年)、江戸千鰯問屋等
によって寄進された言う常夜燈があります。

【極門橋の常夜燈】
画像


そこから少し行くと上川町に「禁酒の神 沖玉の夫婦石」碑があり
ます。言い伝えによると「石にお酒をかけると願いが叶う」そうです。
お伊勢参りをする道中には、たくさんのお地蔵さん、神社・お寺など
があります。昔の人は、お伊勢さんへ無事に着けるようにお祈りを
「神様・仏様」
にお参りしたことでしょう。

【「禁酒の神 沖玉の夫婦石】
画像


民家の横に「従是外宮四里」の道標が現れました。後、4里(13.6㎞
)程で外宮です。この道標は、弘化3年(1846年)建立です。

【従是外宮四里の道標】
画像


あいかわらず、弱い雨がです。時々やみます。上川神社を過ぎた
ところで、右側も杉木立の奥に山門が見えるので休憩することに
しました。山門をくぐって中に入ると「浄林寺」です。本堂、庫裡と
もに閉ざされています。無住職のお寺です。境内には、もみじが
赤く染まってきれいです。少し休憩します。背中が汗で湿って来
て何だかいやな感じです。

【浄林寺】
画像


櫛田橋を渡り、大稲木に入って行くと道ばたに「六字名号碑」
あります。なんて書いているのでしょうか。ちょっと読めませんね。
文化14年(1817年)建立です。

【六字名号碑】
画像


次は、「従是外宮三里」道標です。弘化4年(1847年)に建立です。
もう、一理歩いたんですね。

【従是外宮三里の道標】
画像


お腹が空いて来ました。12時を過ぎていたのでコンビニを探すこ
とにしました。斎宮駅前にコンビニの看板が上がっているのが見
えます。急いで行ってみると、「残念!」潰れて閉店しています。
仕方がないので先へ進むことにしました。「竹神社」前を通り過ぎ
ます。竹神社は、毎年6月初旬に行われる「斎王まつり」の斎王行
列の出発点だそうです。

【竹神社】
画像


格子戸の民家が続きます。玄関前には「笑門と書かれたしめ縄」
が吊り下がっています。三重県では、しめ縄が一年中吊り下げら
れているようです。滋賀では、しめ縄を小正月に取り外して「左義
長」で燃やして送る習わしです。所によって風習が違うのですね。

【格子戸の家としめ縄】
画像


明和町勝野にコンビニがあったので、そこでおにぎりと豚汁を買っ
て遅い昼食を取り、休憩しました。
店の外は、まだ小雨が降っています。お腹が膨れて元気を取り戻
して歩き始めます。
近鉄山田線「明星駅」近くに、「従是外宮二里」道標があります。後
、二里です。だいぶ近づいて来ました。

【従是外宮二里の道標】
画像


屋号「かめや」の表札が掛かった格子戸の民家です。昔は、旅籠だ
ったのですね。

【かめや】
画像


小俣町明野に入り、県道428号線を右折して行くと「へんば餅」と書
かれたお店が見えていました。老舗のようです。丸いお餅を売って
いたのでいただくことにしました。しばらくすると、店員さんが暖かく
なったお餅を持ってきました。焼いてくれていたようです。
一口食べると何処かで食べた味です。
「そうだ。」今年1月にお多賀さん参りウオーキングで食べたあの「糸
きり餅」に似ています。多賀と伊勢は、餅でも共通点があるようです。
この店で「へんば餅」をいただくまで、私達は伊勢と言えば「赤福」で
あり、誰も全く知りませんでした。
お店の人にお餅の由来を聞いてみると、「安永4年(1775年)に祖先
が参宮街道宮川のほとりに茶店を設けて商いを始めた。当時は、駕
籠や三宝荒神(馬上に三つの鞍を置いたもの)で参宮する人達が、
店に憩われて、ここから馬を返して参宮されたため何時しかへんば
【返馬】餅と名づけられたようです。
歩いてみて伊勢で新たな発見です。内宮近くに支店があるそうなの
で、お土産に明日買うことにしました。

【へんば餅の本店】
画像


【店内にある三宝荒神(馬の鞍)】
画像


小俣町から宮川にかかる橋を超えると「桜の渡し」の案内板があり
ます。昔、東、西から来てもこの宮川を渡らなくてはならず、難所だ
ったようです。

【宮川(桜の渡し)案内板】
画像


そこから伊勢の町並みへと入って行きます。県道22号線を行くと、
伊勢街道と熊野街道の交差したところが筋向橋です。今は、道路
になっているために両側に欄干が残っています。

【筋向橋】
画像


【筋向橋の案内板】
画像


やっと外宮前に到着しました。ここまで6時間余りかかりました。雨は
上がってきましたが、曇っているためにあたりは薄暗いです。今日
は、鳥羽に宿屋を予約しているので、外宮へ参っていると遅くなり
ます。外宮は、明日お参りすることにして伊勢市駅へ急ぎました。

【外宮前】
画像


近鉄で鳥羽に着くと、ちょうど旅館からバスが迎えに来ていました。
そこから鳥羽市相差の宿泊先へ向かいました。到着したときには、
すっかり暗くなっており、すぐにお風呂に入って汗を流しました。
6時から夕食です。伊勢エビや海鮮、すき焼きとたいへんボリュー
ム満点です。美味しいお酒と料理をお腹いっぱいいただき大満足
です。

【旅館かず美の海鮮料理】
画像


【伊勢エビ】
画像



明日は、お伊勢参りウオーキングの最終日です。
外宮~内宮~五十鈴川駅まで歩きます。
明日に備えて早く休むことにしました。今日は、お疲れ様でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック