第15回東海道ウォーキング(浜松宿~見附宿)【'19/10/18】

10月18日、浜松宿~見附宿 18kmを歩いてきました。
6月に浜松宿まで歩き、久しぶりの東海道です。浜松宿佐藤本陣跡を
出発するときは、あいにく雨が降ってきました。浜松は、大きな都市
になり残念ながら、宿場の面影はほとんど残っていなく寂しいです。
【浜松宿佐藤本陣跡】
DSC04187.JPG

浜松市中野町には、立派な「金原明善翁生家」があります。館長さん
の話を聞ことが出来ました。金原氏は、浜松で多くの事業を手掛けて
いた資産家で、明治10年に全財産を寄付して、天竜川治水に尽力し
たそうです。それ以来、天竜川の氾濫は無くなっています。日本国が、
出来たばかりで国に頼れないため、自ら社会貢献事業を行ったのと
凄い人ですね。
【金原明善翁生家】
DSC04212.JPG

DSC04215.JPG

天竜川に架かるR1号線の橋を渡りました。川幅は何と1kmもあり、風
が強くで吹き飛ばされそうです。先の台風19号で水嵩が増しています
が、被害は無かったようです。
【天竜川案内板】
DSC04242.JPG
【天竜川の左側 R1号線橋、右側 R1旧橋】
DSC04254.JPG
浜松~磐田の街道沿いに名残の松が所々にあります。江戸時代は、
さぞかし美しい松並木が続き、旅人を楽しませてくれたことでしょう。
【名残の松】
DSC04198.JPG
3時過ぎ見附宿に到着しました。明治8年に建てられた現存する日本
最古の木造の見附小学校跡があります。
【旧見附小学校跡】
DSC04300.JPG
来月は、いよいよ東海道の中間になる「袋井宿」です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント