第10回東海道ウォーキング 【'19/02/16】

 2月16日(土)、今年初めての東海道ウォーキング(藤川宿~御油宿) 
12kmに行ってきました。
昨年12月、訪れた藤川宿を9時過ぎに出発です。日差しがあり、よいお
天気となりましたが、風が冷たく手袋がないと痛いです。
「春まだ遠し」ですね。

【藤川宿】
画像

今回歩いた宿場や街道の見どころを紹介しましょう。

藤川宿東棒鼻跡には、歌川広重の「棒鼻ノ図」で描かれた石垣が再
現されています。そこから東へ少し歩いた処に、「冠木門「笠木(かさぎ)
を柱の上方に渡した屋根のない門」があります。江戸時代、宿場に入っ
てくる旅人を監視していた処です。

【藤川宿 東棒鼻跡】
画像


② 国道1号線の岡崎市本宿町沢渡から旧東海道に入ると、腰板が傷ん
で古びた「長屋門」&「宇都野龍碩邸跡」があります。
龍碩は、安政年間に当時としては、画期的な種痘を行った蘭方医だった
そうです。日本で種痘をしていたとは驚きです。

【長屋門&宇都野龍碩邸跡】
画像


③本宿町には、大きい法蔵寺があります。「家康が幼少時代に過ごした
お寺であり、新選組局長 近藤勇の首塚あります。」
もう、2年前になりますが、中山道ウォーキングで板橋宿へ行ったとき、
『近藤勇墓所』がありました。近藤勇は、慶応4年(1868年)に平尾一里塚
付近の刑場で斬首されて、京都三条川原で晒し首になりました。
胴体は板橋に埋葬され、首はこの法蔵寺に埋葬されたようですね。?

ここに来るまで、知りませんでしたが、徳川幕府で繋がっています。

【法蔵寺】
画像


④豊川市に入ると赤坂宿です。「よらまいかん」で少し休憩です。
近くに格子戸の曲端(製造卸問屋)があり、店の中に入ってみました。
昔懐かしい竹で作ったお櫃・弁当箱・籠などが並べています。
赤坂宿の記念として、耳かきと風車を買いました。

【曲端(製造卸問屋)】
画像


⑤今回の見処は、何と言っても「御油の松並木」ですね。樹齢何百年の
松が続いています。松並木資料館に寄ってみました。(御油の町並み再
現や、旅装束・浮世絵レプリカなどが展示しています。駕篭は、思ったよ
り小さく、竹製のものが保存されています。
最後に松並資料館前で、記念写真を撮りました。

【松並資料館】
画像


3月は、御油宿~吉田宿 12kmを歩きます。

クリックするとストーリーがご覧いただけます。

https://youtu.be/VSwRxZyGeFI

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック