左義長祭 【'19/01/13】

13日(日曜日)、芝原町で「左義長祭」が行われました。
朝から老人クラブの皆さんが、竹や藁を持ち寄り、町内の公園で
「どんと焼き」の準備をします。「どんと」が出来上がると、各戸から
持ってきた正月の門松や古いお札をその中に入れます。

画像


今年の恵方「東北東」に、小さな鳥居を立て、お餅や神酒をお供え
します。

画像


午後4時半になると、子ども達が「ドンドヤ サギッチョ エノホーエ
 タオレ」
と5回唱え、「どんと」に点火すると、火は勢いよく燃え上
がります。「どんと」の真ん中の竹先に付けた「吉祥の巻紙が高く
舞い上がるほど、字が上手くなる」と、言い伝えられています。
今年一年、健康で過ごせますように・・・。

画像


「どんと」が、燃え落ちると参加した人達に、御神酒やおもち、焼き
芋が振る舞われます。寒い夜でしたが、楽しいひと時を過ごしました。


動画をご覧ください。

https://youtu.be/HUXBvoTdZo4

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック