大森城の空中散歩 【'15/12/4】

  今日は、東近江市玉緒コミュニティーセンターに展示している
「大森城址の砂型模型」の動画を撮りました。
去る11月14日、長谷川博美先生に製作いただきました。
先生の縄張り図に基づき、忠実にお城が再現されています。

その前に「大森城址の見学ルートを紹介しましょう。」

① 西虎口(にしこぐち)
大森城は、坂道を登って西虎口(西側の入口)から中へ入って行きます。

【西虎口には木の人形があり、見学者を歓迎してくれます。】
画像


② 郭と蔀(しとみ)
中に一歩踏み込むと、蔀とよばれる池(幅3m×長さ5m 深さ50cm程)があり、
入ってきた敵を落とし込む仕掛けがしています。
それを超えると廻りを土塁に囲まれたまるで球場を思わせる郭が広がります。

【蔀と郭】
画像



③ 登り土橋
下の郭から上にある主郭・副郭へは、「登り土橋」と呼ばれる幅の狭い道を
一人ずつ登ります。

【登り土橋にある人形】

画像


④ 主郭(多聞櫓 たもんやぐら)・副郭
ここまで来るとちょっと一休みです。
左の主郭には多聞櫓があり、敵を迎え撃つための武器を保管したり、
兵士がいたのでしょうか。

【食い違い虎口】
画像


⑤ 物見櫓台(ものみやぐらだい)
お城の南側で一番高い所にやって来ました。物見櫓台は、城主
「布施藤九郎」
が居たのでしょうか。今は、立派なヒゲを生やした
人形が立っています。

【物見櫓台】
画像


⑥北櫓台(きたやぐらだい)
南から東の土塁をぐるりと回って北側(大森町側)に来ました。
そこには物見櫓台と同じ位の高さがある櫓台が建っていました。
東の八風街道、千草街道、北の愛知川方面から来る敵を見張って
いたのでしょうか。
ここにも人形が立っています。

【北櫓台】
画像


それでは、動画で「大森城の空中散歩」を楽しんでください。

郭内の切岸・登り土橋、竪堀もリアルに造られています。

この記事へのコメント

くりきんとん
2015年12月27日 17:58
空中散歩 すんごくいいです。木製のロボットマスコットも可愛いし、行きたくなります。一つ残念なのが、長谷川先生作の砂のお城が入れてあるプラスチックコンテナ。これ、見栄えが悪いです。木のカバーお願いします。せっかく素晴らしい模型。ロボット作成技術で、コンテナカバーお願いします。格段に格調高くなりますよ。偉そうにすんません。

この記事へのトラックバック