第5回お伊勢参りウオーキング(外宮~内宮) 【'14/11/27】

11月27日、いよいよお伊勢参りウオーキングも最終日となりました。

昨夜は早く床に就いたため、朝早く温泉に入りました。昨日の雨が
嘘のように晴れ渡っています。
7時20分に朝食をいただき、8時過ぎに旅館のバスで鳥羽駅まで送
っていただきました。
宿泊代を清算していると、女将さんが1枚の紙を出してきました。
それには、「万歩一両、一泳万両」と書いています。女将さんが4文
字の二つを考えたようです。
「たくさん歩いてもお金にならないが、相差では海女が潜ってサザ
エやアワビを捕ればお金になる」と言う意味だそうです。
しかし、私達ウオーキング仲間は、いつまでも健康でいられるよう
に歩いて足腰を鍛えています。お金よりも健康が一番です。
 
そんな事を思いながら、相差を後にしました。
美味しい海鮮を又食べに来たいですね。

【女将のことば】
画像


近鉄で9時半に伊勢市駅へ着きました。暖かいですね。

【伊勢市駅前】
画像


【外宮~内宮、五十鈴川駅のウオーキング地図】
画像


駅前の外宮参道を通って外宮正面へ向かいます。参道を歩いている
人は、余りいません。バスや自家用車で訪れる人が多いためでしょう。
鳥居前で一礼し、本殿へ向かいます。参道は杉が被い茂っており、薄
暗いです。数分で本殿に到着しました。参拝して本殿前で記念写真を
撮りました。

【正面鳥居】
画像


【本殿前】
画像


参道を入口へ戻ってくると、バスから次々と参拝客が降りて来ます。
参拝者が先ほどより増えてきました。
そして、外宮沿いの道を歩き、途中から県道37号線を行きます。
近鉄鳥羽線の高架下をくぐり、小田橋を渡り参宮道に入ります。
道端に参宮道の案内板がありました。

【参宮道の案内板】
画像


かつて内宮へ参拝する人達でにぎわったことでしょう。
現在は、内宮へ県道32号線が出来ているため、参拝者はほとん
どこの道を通りません。時折、リュックを背負った人が歩いている
のを見かけるだけです。少し急な坂に差し掛かりました。
尾部(おべ)坂です。このあたりに三味線や胡弓をかき鳴らし、旅
人に投銭を乞うことで有名だった芸人「お杉・お玉」がいたようです。
江戸時代の悲しい話です。

【民家前に建つお杉・お玉の碑】
画像


民家の庭先に大きな柚子がなっていたので写真を撮りました。
珍しですね。

【大きな柚子:観賞用だそうです。】
画像


行く先々の民家やお店屋さん前には、詩や絵が描かれた行燈が
出ています。夕方になると行燈に火を灯して旅人を迎え入れたな
ごりでしょうか。

【民家前の行燈】
画像


おべ坂を登り切って行くと、伊勢古市参宮街道資料館がありました。
中を覗くと、館長さんが「どうぞ見て行ってください。」と案内されたの
で上がってお話を聞くことにしました。
昔、この辺りは遊郭や伊勢歌舞伎があり、伊勢国最大の歓楽街だっ
たようです。その全盛期の様子が展示されていました。
初めて見るものばかりです。これも、歩いてみないと解らないですね。


【資料館前】
画像


【資料館の見学】
画像


そこから、坂を下っていきます。すると、大きな二基の常夜燈があり
ます。大正3年に建立されたもので、高さが5m位はあります。

【二基の常夜燈】
画像


坂を下り、左側へ曲がると猿田彦神社です。
ここは、天孫降臨の際、道案内を務めた猿田彦命を祀っています。
本殿へは行かず、入口で参拝しました。

【猿田彦神社】
画像


猿田彦神社前を通過して、おはらい町へと入って行きます。平日なの
にたくさんの人です。皆さん、やっぱり内宮へお参りするのですね。
おはらい町を500m程行ったと所に、昨日の「へんば餅」支店がありま
した。早速入って、先にお土産の「へんば餅」を買い求めました。
次から次へとお客さんが、店に入ってきます。


【おはらい町のへんば餅店】
画像


【へんば餅ショーケース】
画像


そして宇治橋に到着しました。これで「芝原町~伊勢宇治橋」まで
完歩出来ました。(歩いた距離は100㎞余りです。)

おめでとう。  充実感の笑顔です。
カメラの前を次から次へと参拝者が通り過ぎていきます。

【宇治橋の鳥居前】
画像


宇治橋を渡り、五十鈴川へ向かいます。きれいな水が流れ、対岸
のもみじは真っ赤で、とてもきれいです。

【五十鈴川】
画像


杉木立の中を歩いて行くと、昨年、弐年遷宮された本殿です。
お賽銭を入れ、お参りしました。
内宮は、とても静寂で荘厳な雰囲気がします。

【本殿前の鳥居】
画像


参拝後、再びおはらい町へ戻り、昼食に「伊勢うどん」をいただきました。
うどんは汁が無く、太い麺に醤油たれを付けて食べます。
美味しかったです。たれで食べるうどんもいいですね。

【おかげ横丁のにぎわい】
画像


30分程、散策をしてお土産を買って、近鉄五十鈴川駅へ向かいました。
これでお伊勢参りウオーキングが終りました。
3時前の電車に乗って帰途につきました。

参加された皆さんは、歩いてお伊勢参りができた満足感でいっぱい
です。

昔の人にとってお伊勢参りは、一生に一度出来たらよいと聞いてい
ます。現在の私達は、滋賀から高速を使えば2時間足らずで、お伊勢
参りすることが出来ます。今回、伊勢まで歩いてみて昔の人の偉さ、
多くの発見や出会いがあり、よい思い出となりました。

次は、何処を歩こうかと夢が膨らみます。
いい仲間です。

  【完】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック