第4回お伊勢参りウオーキング(伊勢街道 津江戸橋~松坂駅) 【'14/10/31】

10月31日、第4回のお伊勢参りウオーキングに行ってきました。
6月からスタートし、東近江市今堀町の御代参街道から東海道、
伊勢別街道
を経て津市江戸橋まで来ました。

午前7時に芝原会館をワゴン車で出発し、ウオーキング出発地点
の津市江戸橋へ向かいます。空模様が怪しく、今にも雨が降って
来そうな天気です。
9時に、近鉄江戸橋駅に到着しました。
出発前に、江戸橋駅をバックに集合写真を撮りました。

【近鉄江戸橋駅】
画像


出発地点は、江戸橋駅から東へ100m程行ったところにある伊勢
街道と伊勢別街道の追分にある常夜燈前
です。
ちょうど通勤通学の時間帯なので、歩いている人や車で旧伊勢街
道の交差点は混雑しています。

【津市江戸橋の常夜燈の地図】


【江戸橋の常夜燈:向かって右に江戸橋があります。】
画像


【伊勢街道:津市江戸橋~松坂駅までのルート図】
距離: 21.5 km

画像


旧伊勢街道は狭い道幅ですが、津駅周辺になると都市開発で急
に道路幅が倍以上になっています。
1㎞位歩くと安濃川です。旧街道には橋がないのでR23号線の塔
世橋を渡ります。
R23号線の歩道を行くと歩道橋を超えたところを旧街道は左へ入り
大門商店街へ続きます。
かつて商店、旅籠屋や問屋などがあって栄ていたようです。道路の
真ん中に石碑を見つけました。葉を掻き分けると旧町名が書いてい
ました。

【商店街の中にある石碑】
画像


仏壇屋さんがあり、ここにも旧町名が書かれた石碑があります。

【旧町名 地頭領町】
画像


そこを過ぎると、旧街道は岩田川に突き当ります。
再び、R23号線へ迂回し、岩田橋を渡ります。

【岩田橋】
画像


R23号線の歩道を歩いて行くと、大きな釣鐘堂がある浄安寺が左
手にあります。ちょっと境内に入って拝見させていただきました。
釣鐘堂も、本堂も比較的新しい建物です

【釣鐘堂】
画像


200m程行くと、R23から左へ曲がり旧街道へ入ります。
住宅地を歩いて行くとお寺らしい屋根が見えていました。
閻魔堂です。正式名は「真教寺」と額が上がっています。
本尊が「閻魔大王座像」なので、閻魔堂と呼ばれています。
みんなで本堂の中の閻魔大王を覗き込んでいます。

【閻魔堂】
画像


すぐ隣に市枡島姫神社があります。ここには、大きな銀杏の木が
あります。昭和20年戦火のとき、「湯気のようなものが出て御神殿
を包み込み守った。」と案内板に記されていました。戦争中も生き
延びてきたのですね。
今は、大きな銀杏の実を付けていました。

【市枡島姫神社と銀杏の木】
画像


少し休憩した後、まっすぐ道を南へ向かって歩きます。
ここは八幡町で左右に格子戸の町並みが続きます。軒には雨
除けでしょうか板が垂れ下がっています。
昔の町並みを保存しているのでしょうか。

【八幡町の街並み】
画像


途中、雨がぱらつき始めたので、近く店まで買いに行く人がいた
ので少し休憩しました。それからJR紀勢本線の踏切を越え、住
宅地を歩いて行くと、常夜燈がありました。珍しいですね。この常
夜燈には、「とうしみ」部分が石で覆われています。
近くに高茶屋神社があります。この神社は、街道の勅使休泊所
として使われていたそうです。

【高茶屋の常夜燈】
画像


【高茶屋神社】
画像


そこを過ぎると、JR高茶屋駅に着きました。
残念ながら、この駅は無人で、コンビニなどお店がありません。
近く郵便局によって尋ねると、R23号線にあると教えてくれたの
で、しかたなくR23へ行く途中にドラッグストアがあったので、パ
ンと飲み物を買って食べました。
再び、高茶屋駅まで戻ったので30分位ロスしました。
高茶屋駅で待っていた人と一緒に歩き始め、田んぼ沿いの道
を行き、雲出島貫町を抜け、雲出川の橋に出てきました。
ここに旧伊勢街道の大きな案内板があり、近くには常夜燈があ
ります。

【雲出川橋の旧伊勢街道案内板】
画像


【雲出川にかかる橋の津市側の常夜燈】
画像


江戸時代、雲出川には橋が無く、川の中を歩いて渡っていたよ
うです。橋を渡ると松阪市に入ります。
橋のたもとに常夜燈があります。

【松阪市側の常夜燈】
画像


橋を渡ったところで休憩を取りました。
少し行くと「松浦武四郎記念館」があります。なんと、武四郎は
「北海道の名づけ親」と言うことです。
初めて知りました。
駐車場には、バスが3台程止まっており、たくさんの小学生が
見学に来ています。

【松浦武四郎記念館】
画像


三雲町の旧街道を歩いて行くと、右、奈良街道と書いた道標
常夜燈が建っています。今日見てきた道標の中では、一番大
きく高さが3m位ありそうです。

【奈良街道の道標:月本の追分】
画像


三雲町抜け、三渡川の橋を渡ったところにまた道標があります。
ここは、初瀬街道との追分です。

【初瀬街道の道標】
画像


ここから格子戸の町並みが続き、家々には屋号が掲げられてい
ます。昔は、旅籠として栄えたようです。

【久米の格子戸のある家と屋号】
画像


【旧伊勢街道の格子戸の町並み案内板】
画像


いよいよ松阪市の中心街へと入ってきました。
薬師寺の山門である「仁王門」です。唐様を基調として和様が
混入しています。門の左右には、怖い形相をした仁王様が立
っています。たいへん古そうです。

【仁王門】
画像


そして、今日の最終地点の松阪駅に到着しました。
駅前には、鈴の置物があります。この鈴の云われは、【天皇の
使いで伊勢神宮へ来る役人が町外れで「駅鈴」を馬の首から
外した】ことからきたそうです。
江戸橋を出発してからここまで、7時間15分かかりました。

お疲れ様でした。

【近鉄松阪駅前】
画像


来月は、いよいよ伊勢まで歩きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック