お伊勢参りウオーキング#2 (御代参街道・東海道) 【'14/6/12】

ここで今日のウオーキングは終わり帰る予定でした。
しかし、まだ12時と帰るには早いため、次の目的地である東海道
「道の駅あいの土山」まで10㎞程なので行くことに決めました。
それで、「石造地蔵尊」で持ってきたお弁当を食べました。
空が段々と暗くなってきました。雨が心配です。 
ここで、昼から参加者が一人加わり、11人でスタートです。

【石造地蔵尊前で昼食 471】
画像


【鎌掛の山並み 472】
画像


【御代参街道・東海道ウオーキングコース】
 総距離:10.2km  総時間:2時間45分

画像


笹尾峠に向かって県道41号を行きます。道路沿いは笹や雑草が茂って
おり、道幅も狭くなってきました。そして坂道なので、歩くペースも落ちて
きました。途中、御代参街道の笹尾峠は、通り抜けが出来ないように表
示しています。それで、県道41号をそのまま行くことにしました。「山仕事
でしょうか」時々、軽トラックが通るくらいです。
40分程坂道を上りきったところが、日野町と甲賀市の境、笹尾峠です。
坂はあまり急ではありませんでしたが、結構疲れました。 
ここで休憩です。

【県道41号を笹尾峠に向かう 473】
画像


【県道41号の笹尾峠 474】
画像


【笹尾峠前疲れてきました 475】
画像


休憩後、元気を取り戻して出発です。ここから土山町頓宮までは下り
坂です。辺りは樹木が茂り、薄暗くなってきました。道路が所々濡れて
います。時雨れていたのでしょうか。

坂道を曲がりながら下りていくとダム湖があります。とても綺麗な深緑
色です。40分程で頓宮へ下りてきました。そのままR1にまで行かず、
途中左へ曲がってR1と並行に田んぼの間を行きます。
そして、R1沿いの前野へ出てきました。この信号機前のコンビニでトイ
レ休憩と、お茶を補給しました。
R1沿いに田村神社を示す看板があり、後4.3㎞です。
コンビニから50m程、住宅地へ入ったところが旧東海道です。
道路が黄色で舗装されています。


【土山町前橋の東海道 476】
画像


コンビニから5分程行ったところに手打ちそば「玄鹿」があります。
参加者の1人が、ここのおそばは「美味しいよ。」とお勧めです。
残念
ながら、今日は定休日です。 又の機会に来ようとかな。

【手打ちそば 玄鹿 477】
画像


この辺りは、土山茶で有名です。道中には茶畑が続いています。お
茶は、すっかり刈り取れており、次の新芽が出てきています。
中には木が30cm位まで刈り取られた茶畑があります。何年かに1回、
茶畑を活性化するために行うようです。

【茶畑の東海道  479】
画像


しばらく行くと野洲川の東海道歩道橋を渡り、一旦R1沿いの歩道を通
って再び、東海道を歩きます。それから、東海道を外れて下の道を行っ
てみました。すると南井水「しょうず公園」と書いた洗い場でしょうか。き
れいな水が流れています。大きな木が茂っており、ちょうど木陰になっ
ています。ここは、地元の人が野菜などを洗うのでしょうか。
顔を洗ってみました。冷たくてとても気持ちがいいです。 

【しょうず公園の洗い場 482】
画像


水辺には、菖蒲が綺麗な花を付けています。
いいですね。

【しょうず公園の菖蒲 483】
画像


そして、再び東海道へ戻ってきました。ここは土山宿です。道沿いに
地蔵堂があります。
又、宿場町らしく家々には昔の旅籠の屋号がかけられています。
農作業をされているおじさんに「こんにちは」と声を掛けると、「ようこ
そ 土山へ」と歓迎してくれました。 
ここは、観光で訪れる人が多いようです。


【土山宿 488】
画像


そして、「道の駅あいの土山」に到着しました。
今日歩いた距離は、31.4㎞、総時間 8時間10分です。昨年からのび
わ湖一周観光ウオーキングを通じて歩いた1日の距離で最長です。
レストランで、うどんを注文しました。麺はこしがあり、美味しかったです。 
レストランを出ると雨が降って来ました。
鈴鹿馬子唄の歌詞「坂は照る照る 鈴鹿は曇る あいの土山 雨が降る」
にあるように土山は、雨の日が多いようです。

入口で今日の集合写真を撮りました。

【道の駅あいの土山 493】
画像


出迎えのワゴン車に乗って、帰途に着きました。
皆さん、今日はたいへんお疲れ様でした。ゆっくり休んでください。 

来月は、「土山宿~東海道~関宿」まで歩きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック